第4話:シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。

ライフスタイル

こんばんは!あるいはこんにちは!あぷりフクロウです。今夜もまた「あぷり図書館」のお時間になりました。「あぷり図書館」ではライターとディレクターの独断と偏見により個人的に楽しめたアプリ、便利だなと思ったアプリを特集していきます!またアプリに関しては事前登録サービス中のタイトルや、今話題の気になるドラマ、アニメなどの情報も簡単におまとめしてご紹介いたします。

個人的に気になるドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」です。今回で4話目が公開されます。第1話を見て、今後の展開が気になる方はぜひお楽しみください!!気になるあらすじは公式サイトから引用いたしますのでご了承ください。それにしてもアクションが凄いな・・・

2020年2月2日放送回

直輝(横浜流星)は門田(山崎樹範)から、10年前の火事にまつわるレン(清野菜名)とリコの秘密を聞く。
レンは、直輝に好きになってもらえるような自分になるため、日本一の囲碁棋士になると決意。
彼女は春男(升毅)に、改めて指導してほしいと頼む。

そんな中、楓(吉田美月喜)が通う中学校で騒動が起こる。
3年生の翔太が、同級生の涼介を人質にとって屋内プールに立てこもった。
涼介は縛られた上に鉄アレイを括り付けられた姿で飛び込み台に座らされる。
涼介からのいじめを苦に自殺しようとした翔太に対し、涼介は翔太へのいじめを認めていなかった。
翔太はミスパンダを呼んで、どちらが真実なのかシロクロつけてもらいたいと要求。ミスパンダが来なければ涼介をプールに沈めると脅迫する。

校長は記者会見を行い、いじめを否定。会見中、同席していたスクールカウンセラーの春香が学校側の嘘を指摘しようとするものの、制止される。
会見後、学校側からマスコミに向けて取材自粛要請が出される。あずさ(白石聖)は学校側が何かを隠していると考え、取材することに。

時間が刻々と過ぎ、状況は緊迫する。涼介が助けを求めて声を上げると、翔太はいら立って今にも彼をプールに沈めようとする。
その様子を見ていた楓は、ミスパンダの動画チャンネルに「早く来て!」とメッセージを送る。
直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に、翔太がミスパンダを呼んでいることを伝える。しかし、Mr.ノーコンプライアンスはミスパンダの召喚を許可しない。一方、レンは門田から、直輝とは関わらないようにと忠告される。
ミスパンダが現れないまま、翔太が指定した期限が迫り…。

引用元:公式サイト

所感

今回は学校の中で生まれる「いじめ」問題がテーマにされていましたね。今回のストーリーでは直樹とミスターノーコンプライアンスとの意外なやり取りと、その中に隠されたミスターノーコンプライアンスの思惑とは・・・

この辺りが次回以降の伏線になるのでしょうか?この作品も何かしら連続してみることで全体のストーリーが見えてくる気がしますのでこの辺りが楽しみです!!

本日のおまとめ

本日は先ほど放送されたばかりの「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の第4話を視聴していましたので、簡素ではありますが特集致しました。

所感でも記載いたしましたが、今後の展開と、レンの生い立ち、ミスパンダであることの認知、ミスターノーコンプライアンスの目的などこの辺りが明るみに出るストーリーが楽しみで仕方ないです。ヒーローものや、ダークヒーロー系の作品が好きな方は割と興味を持ちやすい作品だと思います。

過去のストーリーを見逃してしまったという方は、「hulu」でご視聴できますので最新話が公開されるまでにご視聴ください!!

■あぷり図書館へのご意見、ご感想は各ページのコメント欄にてお待ちしております。

特にルールを決めていないのでゲームの「リセマラ」情報やゲーム以外アプリ掲示板としてもご利用ください。※個人情報の記載などはご遠慮下さい。

■Twitterでも情報を更新しておりますのでこちらもフォロー&RT、リプやお気に入りをいただけると嬉しいです。「@owl_app_select」、あるいは、#あぷかんで検索、検索っ!!

■youtubeも少しづつ始めましたので是非こちらからご確認ください。

もし少しでもご興味ございましたらチャンネル登録、高評価いただけると嬉しいです。応援コメントもお願い致します。

あぷかん
検索