第9話:シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。

ライフスタイル

こんばんは!あるいはこんにちは!あぷりフクロウです。今夜もまた「あぷり図書館」のお時間になりました。「あぷり図書館」ではライターとディレクターの独断と偏見により個人的に楽しめたアプリ、便利だなと思ったアプリを特集していきます!またアプリに関しては事前登録サービス中のタイトルや、今話題の気になるドラマ、アニメなどの情報も簡単におまとめしてご紹介いたします。

個人的に気になるドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」です。今回で9話目が放送されました。ついにドラマもクライマックスに向かう展開に進みます。コアラ男は一人じゃない!?という急展開を迎えます。果たしてどんな結末になるのでしょうか・・・

気になるストーリーのあらすじを公式サイトからご紹介したいと思います。

2020年3月8日放送回

佐島(佐藤二朗)は、8年前のコアラ男誘拐事件は自作自演で、哲也(田中圭)を殺したのも自分だと告白する映像を残していた。
その映像が報道され、哲也の無実が明らかになったはずだった。
直輝(横浜流星)は神代(要潤)から「復讐が終わったらミスパンダの正体を教えてくれる約束だろ?」と言われる。
神代に対して「まだ終わってないんです」と答える直輝。彼は、佐島が何かを隠そうとしていたことを見抜いていた。
佐島が自分の命と引き換えにしてまで隠したかったこととは、一体何なのか? 直輝には、まだ解かなければならない大きな謎があった。
その頃、レン(清野菜名)は、コアラ男に連れ去られ、とある場所に運ばれていた――

そんな中、直輝は、ビデオチャットの着信を受ける。
連絡してきたのは、コアラ男だった。直輝は、コアラ男がレンに銃を突き付けている映像を見せられる。
コアラ男がレンを監禁している場所は、8年前にあずさ(白石聖)が監禁された場所で、8年前の事件と同じ状況になっていた。
直輝はレンを救うため、あずさに手掛かりを聞きに行く。
命の危険にさらされ、恐怖に震えるレン。彼女は、コアラ男に「どうしてこんなことをするんですか!?」と訴える。
すると、コアラ男は「森島直輝を恨むんだな」と告げる。
直輝は、あずさとともに、8年前にあずさが監禁された廃屋へ向かった。2人が廃屋の中へ入ったその時――!

引用元:公式サイト

所感

ドラマは前回の終了で見せた、ミスターノーコンプライアンスこと佐島の衝撃シーンから始まる、真の黒幕とは一体。。。今回の9話はどんでん返しが目を離せません。番組中盤でコアラ男が複数現れるシーンやあずさ(白石聖)が誘拐されるシーンを見ておやっと思ってしまいました。なんとなく展開が見えてしまった気がしてしまいました。佐島がかばう相手とは。。。

本日のおまとめ

本日は先ほど放送されたばかりの「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の第9話を視聴しましたので、毎度簡素ではありますが今週も特集致しました。

直樹に残した、父、哲が残したメッセージをどのように受け止めるのか、この選択がどのようなエンディングを迎えるのかカギを握るような気がします。またコアラ男の誘拐事件に隠された真相に隠された事実とは、佐島は何を守りたかったのか・・?次週で最終回を迎える展開とは、直樹が最後につけるのはシロかクロかどんな最終回をむかえるのか。。。

過去のストーリーを見逃してしまったという方は、「hulu」でご視聴できますので最新話が公開されるまでにご視聴ください!!

■あぷり図書館へのご意見、ご感想は各ページのコメント欄にてお待ちしております。

特にルールを決めていないのでゲームの「リセマラ」情報やゲーム以外アプリ掲示板としてもご利用ください。※個人情報の記載などはご遠慮下さい。

■Twitterでも情報を更新しておりますのでこちらもフォロー&RT、リプやお気に入りをいただけると嬉しいです。「@owl_app_select」、あるいは、#あぷかんで検索、検索っ!!

■youtubeも少しづつ始めましたので是非こちらからご確認ください。

もし少しでもご興味ございましたらチャンネル登録、高評価いただけると嬉しいです。応援コメントもお願い致します。

あぷかん
検索