【ドラマ】ハケンの品格 第6話

ライフスタイル

こんばんは!あるいはこんにちは!あぷりフクロウです。今夜もまた「あぷり図書館」のお時間になりました。「あぷり図書館」ではライターとディレクターの独断と偏見により個人的に楽しめたアプリ、便利だなと思ったアプリを特集していきます!またアプリに関しては事前登録サービス中のタイトルや、今話題の気になるドラマ、アニメなどの情報も簡単におまとめしてご紹介いたします。

2020年6月17日から新スタートした大注目ドラマ『ハケンの品格』について少しづつ追いかけていきたいと思います。

今日は第6話が放送されました!!前回放送のエンディングにて「東海林」がS&F本社に戻されて理由はなんと、会社の財務体質を変えるためです。ただし、求められている方法は大掛かりな改革が求められているため、人材のコストカットを迫られていますが、春子のこともあり、戸惑いの中で「東海林」はどんな手法を選ぶのか・・・・気になるあらすじを公式サイトから引用させていただきますのでご参考にしてください。

宮部社長(伊東四朗)からの命令で、会社の立て直しを任され張り切る東海林(大泉洋)。大前春子(篠原涼子)にも立て直しに協力してもらいたいのだが、素直に言えず…。

そんな中、里中(小泉孝太郎)は、自社ブランドの弁当を作る隅田フーズに、浅野(勝地涼)達を勉強のためにつれて行く。
隅田フーズは、昔ながらの日本の良さにこだわった里中肝いりの弁当屋だった。

一方、東海林は、S&F社がAIを導入し、利益率に基づき会社のムダを徹底的に排除するつもりだと知る。隅田フーズは利益率が低く、コストカットされる運命だと知る東海林。里中に告げるが意外な抵抗に会う。

里中に協力することになった春子は、「これはAIとの斬るか斬られるかの、真剣勝負です」と断言。弁当の売り上げが日々の天気に左右されていると気がついてー。

引用元:公式サイト

Huluオリジナル限定スピンオフストーリー

ドラマの放送終了後に公開される、huluオリジナルストーリーである、『ハケンの珍客』が公開されていきます。「ハケンの品格」で描かれるのは「スーパーハケン」VS「正社員」。正社員になれば一生安泰ではなくなった日本社会。時代が変わっても、一匹狼のスーパーハケン・大前春子に太刀打ちできる者はいない。

今回のオリジナルストーリーのあらすじをご紹介します。

「ハケンの珍客」アフレコ現場では、井手裕太郎を演じる杉野遥亮と三田貴士を演じる中村海人は、プロデューサー(柴田理恵)の指導のもと「新機軸」ドラマ撮影に少しずつ慣れ始めていた。
接待用の店の予約をしていない裕太郎と三田。先輩社員・浅野務(勝地涼)から何度も催促され追い込まれた彼らに、二重橋直子(久本雅美)はS&Fの社食を提案する。

早速ハケンの福岡亜紀(吉谷彩子)と千葉小夏(山本舞香)が社食に確認を取るが清掃のため使えないという。
後がない彼らは「ようじ屋」に頼るが、タッチの差で予約が入ってしまった。
派遣会社の田無元(永野宗典)の言う「スーパーなハケン」ではない二重橋に苛立った裕太郎と三田がつい彼女のせいにしてしまい、彼女は店を出て行ってしまうー。
崖っぷちの2人の新入社員はピンチを回避出来るのか!?

本日のおまとめ

今回の放送では会社の事業改革を命じられた「東海林」の苦悩が、要所要所で見られます。13年前と違い、派遣を含めた会社の仲間を守りたいという東海林がどんな決断をするのか?

またS&Fは「AI」に頼り切った、事業を含めた会社の「ムダ」を探す企業はリストラ計画を東海林に促すが、東海林は春子を含む仲間を守るために抗うように策を講じるが、事態は好転せず、今後S&Fはどんな運命をたどるのでしょうか?

そしてついに、AIによるリストラ候補が里中の手に届けられる。。。

そんな注目のドラマを本日見逃してしまった方、あるいはまだ視聴されていない方は「hulu」でお楽しみできますのでぜひ一度ご覧ください!!

■あぷり図書館へのご意見、ご感想は各ページのコメント欄にてお待ちしております。

特にルールを決めていないのでゲームの「リセマラ」情報やゲーム以外アプリ掲示板としてもご利用ください。※個人情報の記載などはご遠慮下さい。

■Twitterでも情報を更新しておりますのでこちらもフォロー&RT、リプやお気に入りをいただけると嬉しいです。「@owl_app_select」、あるいは、#あぷかんで検索、検索っ!!

■youtubeも少しづつ始めましたので是非こちらからご確認ください。

もし少しでもご興味ございましたらチャンネル登録、高評価いただけると嬉しいです。応援コメントもお願い致します。

あぷかん
検索